思考から運命を変える

多くの偉大な人物が実践

これまでにビジネス書や哲学書など色々な本を読みましたが、多くの場合は思考こそが成功の秘訣であると書かれています。ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』にしろ、デール・カーネギーの『人を動かす』にしろ、ジョセフ・マーフィーの『眠りながら奇跡を起こす』にしろ、思考の根本的な部分が人格を作り成功につながることを述べています。

マザー・テレサの有名な言葉に『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。』があります。これは先にウィリアム・ジェームズという心理学者の著書に同じような内容が書かれているようです。誰が先に述べたのかは置いといて、思考が性格(人格)を変えて運命までも変えてしまうなんて驚きです。

成功の秘訣は素晴らしい習慣を身につけた性格の良い人になるということでしょうか。そのためには普段から何を考え、何を発言するか、どのような行動をするかといったことが求められます。『三つ子の魂百まで』と言いますが、人生は概ね3万日あるので、残りの人生を日々快適なものするために、ちょっと試しに考え方を変えてみるのも悪くないかもしれません。

思考が言葉を変える

いつも考えていることが自分の言葉になって相手に届くことは間違いありません。また、相手のことを慮る気持ちは必ず相手に伝わります。好きな相手には自然と好意的な言葉になります。逆に苦手な相手には少し冷たい言葉になってしまいます。言葉の内容だけでなく、イントネーションにも違いが出てしまい、自分が気づかないうちに人を傷つけているということもよくあります。傷つけてしまった場合は、自分も同様に傷つけられるでしょう。人のことを嫌いだと思うことは自分にとっても損なことになり、逆に人のことを好きでいることが自分にとって得なことになります。

言葉が行動を変える

有言実行は言ったことは必ず実行するというものですが、これはわざわざ言わずともなすべきことは実行するという不言実行から派生した言葉だそうです。今の時代、不言実行なんてあまり使わないですし、有言実行の方があらかじめ目標を明確にしているため好まれます。目標を設定することは行動の計画を立てる上で重要です。普段から口に出して、目標の設定と、それに対する計画立案をすることが行動につながるということですね。

行動が習慣を変える

『習慣』は良い意味で使われることが多く、一方、『依存』はほとんど悪い意味で使われます。私はこの両者が同じものだと認識しています。例えば、歯磨きは虫歯予防の良い習慣ですが、歯磨きをしないと気持ち悪くて眠れないという依存でもあります。禁煙外来が有名になった時に、脳のメカニズムの解説がよくテレビで放送されていました。要は脳内の伝達物質が満たされるかどうかがポイントということでした。普段から行っている行動はすべて習慣になっていて、その行動をしないと伝達物質が満たされないため気持ちが悪いのです。本当はしなくてもいい行動があっても、なんだか気持ちが悪いからやっているわけです。一方で、最初はちょっと大変な事だけど、毎日続けているうちにやらなければ気が済まないという具合に、習慣が形成されていきます。これを利用すれば、どんな問題も解決することができるでしょう。

習慣が性格を変える

良い習慣を身につけた人の性格が悪いわけがありません。良い悪いは価値観によりますが、笑顔のない人、挨拶ができない人というのは悪い印象を持たれても仕方がないでしょう。笑顔の方が好印象、挨拶をした方が好印象、清潔にしている方が好印象、いつも気にかけている方が好印象、約束を守った方が好印象、どれも当たり前のことですが、言い出したらきりがありません。ただ、私たちはこうした人を性格の良い人と認識しているのではないでしょうか。性格の良い人を嫌いになる理由はありませんし、ついつい頼ってしまう存在でもあります。

性格が運命を変える

性格が運命を変えるというのは、なかなか信じられません。良い人でも不幸な方を知っていますし、成功している人の全てが良い人というわけでもないでしょう。ただし、先述した通り、性格の良い人にはついつい頼ってしまうのです。その依頼の中には幸運と思われる内容も含まれているのではないでしょうか。自分では手が届かないと思っていた仕事内容や、高額の報酬、人脈など、何も行動を起こしていない人には決して訪れない幸運が舞い込んでくるというわけです。

余談ですが、私も小さいながらもプチ成功体験をしています。当協会を設立できたのも、メンバーの協力があったからこそですし、メンバーは私が行動したからこそ出会えた方々です。まさに幸運です。反対に、幸運を無駄にするという経験もありました。大敵は『面倒くさい』です。せっかく良い習慣を身につけても面倒くさいと感じてしまったら終わりです。面倒くさいと感じた瞬間、今までやりたかったことがやりたくないことに変化します。こうした場合、やっぱり思考の段階に戻り、環境を変え、ゆっくりと見つめ直すことが重要だと思います。

最新情報をチェックしよう!
>NOVAST®インストラクター

NOVAST®インストラクター

これまでにも、たくさんの方にパートナーストレッチの認定資格NOVAST®インストラクターを取得していただきました。

CTR IMG